スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐々木冠のスケジュール

 最近、僕自身が大学に不在の時に僕の責任で行わなければならない業務が発生したりしています。これは、僕が皆さんにスケジュールをしっかり知らせていないために生じているわけですが、出張が多い身なのでどうしても直接会って中長期のスケジュールを知らせることができません。そこで、僕のスケジュールをブログのトップに置くことにしました。
 「続きを読む」をクリックすると当面のスケジュールが出ます。できるだけ、こまめに更新するつもりですが、予定が入っていない時間だから確実に佐々木を捕まえられると期待するとがっかりすることもあると思います。まずは、電子メールでスケジュールを確認してください。その方が確実です。日本国内にいないときでも電子メールでなら連絡がつきます。

続きを読む

スポンサーサイト

現時点の旅程

 現時点でわかっている日程を書いておきました。議論の際の参考にしてください。最後のかっこ内は宿の担当者です。問題は、SibiuとSighisoaraの滞在時刻です。前期に決めたものだと、真っ暗な時間帯になります。日が暮れるのが早いので。また、翌日の午前中もあまり使えそうにありません。

日付, 時刻, 都市, その他
2016/2/7, 22:20, Narita --> Doha --> București (11:40, 2/8)
2016/2/8 (Mon), București(杉山)
2016/2/9, București(杉山)
2016/2/10, ??, Brașov(山畠)
2016/2/11, ??, Bran (Brașov)(山畠)
2016/2/12, 13:00, Brașov (--> Sibiu)
2016/2/12, 15:40, Sibiu(武田)
2016/2/13, 12:10, Sibiu (-->Sighișoara)
2016/2/13, 14:50, Sighișoara(原谷、武田)
2016/2/14, 11:17, Sighișoara (-->Cluj-Napoca)
2016/2/14, 15:41, Cluj-Napoca(中井、江岸)
2016/2/15 (Mon), Salina Turda(中井、江岸)
2016/2/16, 13:00, Cluj-Napoca (--> Sceava)
2016/2/16, 19:15, Sceava(江岸)
2016/2/17, ??, Sceava(江岸)
2016/2/18, 9:00, Sceava (-->București)
2016/2/18, 16:40, București(担当?)
2016/2/19, 12:40, București --> Doha --> Narita (16:55, 2/20)

10月28日のお茶会の報告

ルーマニアに行く皆さん、

今日は金森さん以外全員来るのかと思ったら原谷さんと武田さんも休みでした。欠席って連絡いただいていましたっけ? 欠席者には新しい報告、出席者には確認となる情報を以下に書きます。

今日は生協の常田さんにも来ていただき、
(1) 成田空港への移動手段
(2) 国際学生証(学割を適用される上で必要)
(3) キャンセルの場合の手続き
についてSerbetをほおばりつつ説明してもらいました。(1)については、各自調べられると思いますが、(2)については、欠席者は、出席した学生か生協のカウンターの方(常田さんか栗山さん)に確認しておいてください。

2月7日の集合場所と時間は、
場所:成田空港のカタール航空カウンター
時間:2月7日日曜日20時00分
となりました。

 ブカレストの宿の担当は、2/8, 9の宿泊は杉山くんが担当、2/18の宿泊については熊谷さんが調整することになりました。

 ルーマニア人の学生との交流を希望する学生は、どんなことを話したいか、11月1日の朝までにメールで僕に知らせてください。話したい内容のある方に向こうの学生と会う機会をアレンジしたいと思います。特定性の高いトピックをお願いします。今のところ、中井くんから「教育システムについて」、熊谷さんから「何故日本に興味を持ったか(日本研究の学生向けの質問ですね)」というトピックを伺っています。

 なお、話したいトピックがない学生にはルーマニア人の学生と会う機会をアレンジしない予定です。現時点でルーマニア人の学生を紹介する予定があるのは、中井くんと熊谷さんだけです。11月1日までに増えるかもしれませんが。なお、このことは話したいトピックがない学生がルーマニア人と交流できないことを意味しません。ルーマニア人は一般的にtalkativeな民族です。よほど殻に閉じこもった姿勢で接しなければ、宿や列車やバスの中でおしゃべりをすることができます。

 SibiuとSighisoaraでの滞在時間が現在の旅程だとほとんど真っ暗な時間帯であることを指摘しました。このままでよいかどうかについては、メールで議論していただくことになりました。そんなわけで、原谷さんと武田さんはこの問題について方向性が定まってから宿探しをしてください。原谷さんと武田さんも自分の問題としてこの件について積極的に発言してください。今日の出席者でBrasov担当の山畠くんあたりがこの件について、口火を切るといいんじゃないでしょうか。

 食事制限がある学生、食費を切り詰めたい学生を対象にした「ルーマニアの安宿でも実践できる自炊講座」、リクエストがあればやります。なければやりません。なお、我が家にはまだ何ブロックかインスタント・チョルバのもとがあります。

 あと、これは全員へのお願いです。メールをもらったら、数週間放置するのではなく、できるだけその日のうちに返信をください。「もうちょっと考えさせてください」「意見をまとめるのに時間がかかりそうです」という内容でもかまいません。

 最後にこの企画の基本方針を確認させてください。「自分で企画立案し、実行する旅」です。だれかがやってくれる、決めてくれるとは考えないでください。「自分がやらなきゃ決まらない」ぐらいに考えてください。皆さんに求める姿勢は「国民皆兵」ではなく「全員司令官」です。

 あと3ヶ月ちょっとなんですね。杉山くんのお兄さんが言っていたアドバイスを覚えていますでしょうか。「ルーマニアに行く前に佐々木先生から情報を一杯引き出しておけばよかった」。あれだけ語学力と行動力のある先輩の言葉です。参考になるはずです。

10/28の会合までに考えておいてほしいこと

 やっとSerbetのお茶会の日程が決まったようですね。ずいぶん日程調整に時間がかかるもので、僕が呼びかけたのが10月7日ですから、実に3週間かかったわけです。この調子では今後ルーマニアに行くまでにみんなで会える機会を持てるかどうかわかりませんので、Serbetを食べながら話し合った方がよい点について以下に書いておきます。10月28日(の予定ですね)にあったら下記の点について話し合うことになると思いますので、全員調べておいて自分の意見を持っておくようにしてください。必ずしも友達と意見を調整しておく必要はありません。一人ひとりが自分で意見を持っておくことが重要です。

1. 宿の予約担当
 詳しいことは10月28日にお知らせしますが、実は、ブカレスト以外は担当者がわかっています。ブカレストを担当する人を決める必要があります。到着したときと出発するときで分けるという手もあります。今のところ、宿の予約を担当しているかどうかわからないのは、金森さん、熊谷さん、杉山くん、宮本くんです。この4人の中から一人または二人にブカレストを担当してもらうことになります。自分が担当する場合について考えておいてください。

2. 成田空港までの移動手段
 カタール航空の航空券は成田・ブカレスト間のものです。北海道から成田までの移動手段を考える必要があります。これに関連して2点提案があります。

(1) 集合場所は成田空港のカタール航空のカウンターにしましょう。
 成田空港までの移動手段がばらばらになる可能性があります。集合場所は、成田空港のカタール航空のカウンターにしましょう。この提案について10月28日に意見を聞きたいと思います。

(2) 自分が使う移動手段を考えて、10月28日に報告してください。
 成田空港に移動する手段は複数あります。飛行機、JR、フェリー。自分が何で移動するか考えてきてください。なお、これらの交通手段のチケットを直前に購入しようとすると高額であったり、空きがなかったりします。余裕を持って購入する必要があります。
 なお、現時点で最も安いのは、JetstarやVinilla AirといったLCCです。ただし、出発日に近くなるほど高額になります。値段については各自調べてください。
 成田空港のカタール航空のカウンターには出発の2時間前までには集まることができるようにしてください。

 なお、知っている方も多いと思いますが、念のため、LCCとそれ以外の航空会社(ANAやJALなど)との違いについて書いておきます。LCCは伝統的な航空会社の飛行機よりも航空券が安いわけですが、安全性に差があるわけではありません。一番大きな差は、欠航した場合の保証に現われます。別便に案内してもらえ可能性で差が出ます。ですから、ヴァカンスではLCCを使うけれどもビジネスではLCCを使わないという人もいます。皆さんが移動手段を考える際に参考にしてください。

3. ルーマニアの学生との交流を希望する人はその旨佐々木に伝えてください。
 現在、1名の学生からルーマニアの学生との交流を希望する旨を伺っています。希望者にはできるだけ、ルーマニアの学生と会う機会をアレンジしようと思います。希望がある方は、申し出てください。その際、漠然と「会ってみたい」だけではなく、どんなことを話したいか教えてください。ただ単にあっただけでは沈黙が支配するお通夜のような会合になる可能性があります。
 僕としても友人に日本人の学生と会ってくれる学生を紹介してくれるようにお願いする際に「こちらの学生で……についてルーマニアの学生と話してみたいのがいるんだけど」と話すわけですが、「……」の部分がないとどんな学生を紹介すればよいのかわかりません。そんなわけで、どんなことを話したいのか、どんなことを聞きたいのか、教えていただく必要があります。
 なお、希望しない学生を会合に連れて行くことはありませんので、自分が希望を出すことによってスケジュールを拘束するのではないかという心配は無用です。ルーマニアの学生との会合を希望しない学生は、会合の間別なところで楽しんでいるはずです。
 会合をアレンジする関係から11月に入る前に希望を聞く必要があります。

4. その他不安な点、不明な点をリストアップしておいてください。
 すでに、食事やトイレに関して相談を受けています。実はこれらは交通手段の選択とも関係してきます。意外なものが意外なことと結びつきます。どんなことでも結構ですので、質問してください。「質問はメールでもいいじゃん」と言われればその通りですが、どうもメールではコミュニケーションが難しい人います。返信に2週間以上かかる人やこの時点でも返信がない(しかとしているんでしょうか?)人がいます。口頭で質問する方が楽なのではないかと考えた次第です。

5. 現実的な資金計画を
 カタール航空の航空券を購入する前より購入した後の方がお金がかかります。大学からの助成金でカタール航空の運賃は3分の2程度になりました。6万円ぐらいかな? 一方、これからは全額自己負担です。成田への移動も結構な金額になりますし(日本の航空運賃は高い)、ルーマニア滞在中の費用も必要です。500ユーロは持って行った方がよいと前期のゼミで話しました。杉山くんのお兄さんのような過ごし方をしたいのであれば、もっと必要になるでしょう。資金計画は大丈夫でしょうか。

法廷弁護人Fatima Aziz先生からのメッセージ

 法廷弁護人のFatima Aziz先生から芳ばしいメッセージをいただきました。彼女のクライアントは皆さんアラブ首長国連邦のドバイで心臓発作で亡くなっているようです。
http://antifraudintl.org/threads/barrister-fatima-aziz.98474/
 彼女のメッセージの芳ばしさは翻訳された日本語の文によるところ大ですが、一体どの機械翻訳サービスをつかっているのでしょうか。
* * *

親愛なる佐々木

私は、予告なしにあなたを接触させるため申し訳ありません。私の名前はドバイ、アラブ首長国連邦からの弁護士夫人ファティマアジズです。私はドバイでここに心臓発作で死亡したあなたの国からの私の後半クライアント後半エンジニア佐々木への個人的な弁護士です

彼が死んだ前に私の後半クライアントは、ここで銀行に(五十万米国ドルのみ1500万)の合計を堆積しました。

私の後半に、クライアントは任意の相対でも近親者を持っていませんでした。
、あなたは私の後半クライアントと同じ姓を持っていて、近親者として立つことに収まるので、私はあなたに連絡を取りました。

私は私の後半のクライアントに近親者として銀行にあなたを提示した場合、銀行はあなたにお金を解放します。私たちはお金を請求するために協力しましょう

氏名やより詳細な情報については直接電話番号を私に返信

よろしくと祝福のまま
法廷弁護士夫人ファティマアジズ
=======================================
Dear Sasaki

I am sorry for contacting you without prior notice. My name is
barrister Mrs. Fatima Aziz from Dubai, United Arab Emirates. I am the
personal attorney to my late client late Engineer Sasaki from your
country who died of heart attack here in Dubai

My late client deposited the sum of (Fifteen Million, Five Hundred
Thousand United States Dollars Only) in a bank here before he died.

My late client didn't have any relative nor next of kin. I contacted
you because, you have the same last name as my late client and you fit
in to stand as the next of kin.

The bank will release the money to you if i present you to the bank
as the next of kin to my late client. Let us work together to claim
the money

Reply me with your full name and direct telephone number for more details

Regards and remain blessed
Barrister Mrs. Fatima Aziz
プロフィール

motanel

Author:motanel
 佐々木のブログにようこそ。所属は経営学部ですが、論文の書き方と言語学関連科目を教えています。専門は日本語の方言文法。音韻論、形態論、統語論、意味論、面白そうなことがあればジャンルにこだわらず首を突っ込んでいます。研究の詳細についてはホームページをご参照ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。