スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐々木冠のスケジュール

 最近、僕自身が大学に不在の時に僕の責任で行わなければならない業務が発生したりしています。これは、僕が皆さんにスケジュールをしっかり知らせていないために生じているわけですが、出張が多い身なのでどうしても直接会って中長期のスケジュールを知らせることができません。そこで、僕のスケジュールをブログのトップに置くことにしました。
 「続きを読む」をクリックすると当面のスケジュールが出ます。できるだけ、こまめに更新するつもりですが、予定が入っていない時間だから確実に佐々木を捕まえられると期待するとがっかりすることもあると思います。まずは、電子メールでスケジュールを確認してください。その方が確実です。日本国内にいないときでも電子メールでなら連絡がつきます。

続きを読む

スポンサーサイト

余裕をもったスケジュールで進めてください

 保留になっていた企画の採用が決まって、動き出していることと思います。教職員サポーターとして最大限協力するつもりですが、そのためにもスケジュールには余裕を持って企画を進めてほしいと思います。以下、是非留意してほしい点について書きます。

・最低1週間は前に申し出て下さい。
 頼まれたことはできるだけ速やかに実行するつもりですが、最低でも1週間は前に申し出ていただきたいと思います。例えば、先方の教員にコンタクトをとる場合、確かにメールを書くだけならすぐにできそうですが、こちらも他の用件が入っている場合があるので、何日か着手できない場合があります。その辺も考慮してください。

・コンテスト(?)は事実上新年度に
 先方から呼ぶ学生を確定するためにエッセイコンテスト(だったかな?)をすると聞きました。ご存じのようにルーマニアの大学はすでに夏休みになっています。先方の大学を通してコンテストを行うのであれば、実施は新年度(ルーマニアの年度は秋始まり)になるでしょう。
 これは、いろいろな面に影響が出ますね。まず、航空券の購入が早くても10月になることです。日本に来るまで2ヶ月を切った状態での購入になるので、今購入するよりも高い航空券を買うことになります。この時点で購入して3名呼べるかどうか検討が必要でしょう。ちなみに、ご存じかと思いますが、搭乗者の名前が確定していない状態では航空券の予約はできません。
 一人あたりの航空券料金が高くなるのは、痛いかもしれませんが、ルーマニアの新年度にコンテストを行うのは良い面もありますね。年度が始まる前に先方の教員に協力を依頼できるからです。年度途中でそれを行うのは負担が大きいはずですから。

・ルーマニアについての学習は進んでいますか
 皆さんは、大学の予算を使って企画を行う以上、ルーマニアから来た学生と本学の学生の間に立つ人です。皆さん自身がルーマニアについて紹介できる立場になる必要があります。
 もちろん、ルーマニアから来た学生の方が多くを語ることにはなるでしょう。しかし、英語が得意な学生が少ない本学の状況を考えると、皆さんが間に立って、通訳をする場面も多いはずです。そうなると、「この概念を日本語にしたらどうなるのか」と考える場面が出てくるはずです。そこで困らないためにはルーマニアについてある程度の知識が必要です。
 夏休みの間にルーマニアに関する本を何冊か読んでおいてください。本学の図書館にはルーマニア関連の本も入っています。何年か前にノーベル文学賞を取ったヘルタ・ミューラーの本(和訳)もあります。
 もちろん、皆さんはルーマニアに関心があるからこそこの企画に関わっているのだと思います。でも、今まで「ルーマニアに関してこんな本(または記事)を読んだんだけど」という話しを皆さんから聞いたことがないんです。それでちょっと心配になりました。

・ルーマニア料理の準備は始めましたか?
 ルーマニア料理の試食会をやるならば、調理法も含めてルーマニア料理の知識が必要です。そしてもちろん、練習も。試食会がぶっつけ本番というのは、まずいよね。失敗した場合、本学の学生に偏見を植え付けることになるわけですから。ルーマニア料理についての調査は進んでいますか。すでに、練習は始めていますか。僕の家族に協力を仰ぐのであれば余裕を持って声をかけてください。余裕を持ってというのは、もちろん、スケジュール的にということです。

・スタッフは足りていますか
 7人全員を見たのって審査のときだけです。皆さんそれぞれ忙しいのでしょう。スタッフは足りていますでしょうか。メンバーが上の学年の学生だけなのがちょっと気になります。今後につなげることを考えると1年生にも企画に参加してもらってはいかがですか。
 もしかすると、ルーマニアから学生が来てから下の学年にも参加してもらうと考えているのかもしれません。そういう方法もあるでしょうけれど、準備段階から関わってもらう手もありますね。
 必要でしたら、僕が担当している1年生対象の講義で呼びかけてくれてもいいですよ。もちろん、事前の相談は必要ですが。

企画書を改訂する上で考えて欲しいこと

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015年度ルーマニア旅行記, 02/18

とうとう最終回!最終回は武田が担当いたします!

SuceavaからBucurestiまで、約8時間の電車の旅。
今まで移動してきた中で1番長いが、1番電車は快適でした。
が、途中パスポート事件!!
警察官にパスポート見せろ、などと言われ、何が起こってるか分からない私達。警察官に何が起こっているのか聞いても、なにもないよ。としか教えてくれない。結局、名前とパスポート番号を控えられ、無事パスポートは手元に戻りましたが、私達は内心凄くドキドキしました。

最終日のBucurestiホステルは、猫が怖かったですが、中は凄く綺麗でした!!
0218camera.jpg

最後の晩餐は、トラディショナル ルーマニアフードのママリガ食べました。
やっぱりママリガは美味しいですね!
0218mmlg.jpg

明日は飛行機での長旅で日本に帰ります。
2週間のルーマニア生活は、凄く勉強になり、心が綺麗になりました。

武田咲
***
ええ、これが最終回なんですか? 明日の中井君によるルーマニア出国記が最後じゃないの?

2015年度ルーマニア旅行記, 02/17


2月17日、ブログ担当の熊谷(二度目の登場)です。

前夜に決めたスケジュールに沿い、少し遅く起床した我々は駅へ向かい、タクシー二台に分乗して換金を済ませた後、一つ目の目的地である「Patrauti Monastery」へ向かいます。
0217patrauti.jpg

タクシードライバーは一見強面ですが、Patrauti Monasteryの管理人さんに連絡を取り、迎えに行ってくれるなど親切な方でした。
しかもタクシー一台につき100leiでいいとのこと。
破格の安さです。
ムルツメスク。

Patrauti Monasteryの外見こそはあまり大したものではなかったのですが(「え?これが世界遺産?」と思ってしまうほど)、中に入ってみて驚きました。
壁一面に美しい色彩で描かれた絵たち。
写真では伝えきれないほどの綺麗さです。
0217patrauti2.jpg

サービス精神旺盛な管理人さんは、本来なら有料である写真撮影も無料で許可してくださり、鐘を鳴らしてくださったり、ニコニコ笑顔で成り立ちや歴史について説明してくださいました。
ムルツメスク。

タクシーの待機時間は30分なので、笑顔の素敵な管理人さんにお礼を言い、二つ目の目的地である「Dragomirna Monastery」へ。
0217dragomirna.jpg

高い塀に囲まれたこちらの修道院は、お城のような雰囲気。
外壁の一部は改装工事中でしたが、管理人さんが時折英語を混ぜながら時間をかけて親切に案内してくださいました。
ムルツメスク。

一歩足を踏み入れたら思わずため息がでるほど荘厳で、緻密なペイントと細工に圧倒されました。
イエスキリストが産まれた場面、彼が奇跡を起こす場面、マリアがお告げを受けた場面、最後の晩餐などなど、83メートル上の天井までびっしりと壁画が描かれていました。

残念ながら内部は撮影不可なのでデータはありませんが、私たちの心に深く残り続けるでしょう。

最後は強面のタクシードライバーにホステルまで送り届けて貰い、別れを告げました。
運転はとても荒かったけど感謝してます。
ムルツメスク。

遅めの昼食はホステル下のレストランにて。
量が多いルーマニアの食事に毎度毎度、フードファイト状態です。

美味しくご飯を頂いたあとは休憩タイム。
それぞれのんびりとした時間を過ごし、夕食はまた同じレストランにて頂きました。
ルーマニアに来てから美味しくない食べ物に出会っていません。
中でもチーズとワインの絶品さは別格です。
今夜は念願のパパナシュも頂き、大満足です。
0217papanas.jpg

本日も楽しく美味しい一日を過ごしました。
みなさんムルツメスク。
プロフィール

motanel

Author:motanel
 佐々木のブログにようこそ。所属は経営学部ですが、論文の書き方と言語学関連科目を教えています。専門は日本語の方言文法。音韻論、形態論、統語論、意味論、面白そうなことがあればジャンルにこだわらず首を突っ込んでいます。研究の詳細についてはホームページをご参照ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。